取っ手付きのアルミ製飯ごう♪
トランギア(trangia) メスティン アルミ製飯ごう (小)

こんばんは。管理人のTETSUYAです。
本日はトランギア(trangia)の飯盒(ハンゴウ)のご紹介です。


取っ手付きのアルミ製飯ごう♪
トランギア(trangia) メスティン アルミ製飯ごう (小)




trangia [トランギア]
スウェーデンの首都ストックホルムから北北西に約250kmほどのところにTrangsviken(トラングスヴィッケン)という小さな町があります。トランギアは1925年にJohn E.Jonssonによってこの町で創設されたクックウェアメーカーです。トランギアという名前はその街の名前に由来し、ロゴマークはナベとフタをTの文字にデザイン化したものです。トランギアは当初は家庭用のクックウェアを生産するメーカーでしたが、次第にキャンピング用品へと進化してきました。もちろん現在でも家庭用のものはありますが、アウトドアとの境はないように思われます。把手を取り外し式にすることでスタッキング時に無駄なスペースが生じなかったり、ケトルの寸法をポット(鍋)の内径や高さにピッタリと合わせたり、と現在の家庭用の調理器具にも影響を与えた非常に合理的な構造です。北欧の文化が育んだトランギア。「システマチック」という言葉がこれほど似合うアウトドアメーカーは他にはないでしょう。

世界最小のアルミ製飯ごう(メスティン)です。持ち運び時は中に小物などを入れておくと有効活用できます。便利な取っ手付き。
このメスティンで、ご飯が約2合炊けます。ご飯の炊き方は次のようになります。
1.お米と水を入れて中火にかけます。
2.沸騰したら吹きこぼれない程度の火力にし、約20分ほど放置します。
3.メスティンより、くつくつする音が聞こえなくなったら、そのままひっくり返して地面等に置いて約15分ほど蒸らします。
ひっくり返すことにより、ご飯が底にくっつくのを防ぐことができます。これでアウトドアでおいしいご飯が食べれます♪
お米の量や蒸らす時間などは何回か使用して、おいしくなるコツをつかんでください。ちなみに、ご飯を炊く以外にもフライパンやケトル代わりにも使えます。
持ち運び時も便利なのでオートキャンプで重宝します!

検索タグ: アウトドア 調理 器具 調理器具 バーベキュー キャンプ 用品 人気 オススメ オシャレ

記事の内容は掲載店舗より抜粋しております。(記事作成日:2016/12/16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA